【React/Next.js】署名バージョン4でIAM認証を突破!

当ページのリンクには広告が含まれています。
いずみ

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

僕は現役フリーランスエンジニア(歴年)で、資格は個保有しています。

結論、署名バージョン4でIAM認証を突破するのは非常に簡単です。

本記事を読めば、Reactで署名バージョン4を作成してIAM認証を突破する方法が理解できるので早速見ていきましょう!

いずみ

すぐ読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

執筆者/監修者
  • フリーランスエンジニア(保有資格個)
  • ブログ・アフィリエイト歴5年
  • ブランドせどりで月利50万円⇨脱サラ
  • 投資歴5年(仮想通貨・FXが得意)
  • Twitterフォロワー約2,000人
  • 運営者情報はこちら
いずみです
目次

署名バージョン4でIAM認証を突破する方法

早速ですが、署名バージョン4でIAM認証を突破する方法を解説します。

前提

前提は以下になります。

  • 一時クレデンシャル情報はCognitoのIDプールから取得する
  • IAM認証付きのAPIがある ※API Gatewayを利用

CognitoのIDプールとAPI Gatewayの作成については「【Python】ID PoolでAPI GatewayのIAM認証を突破する方法」で解説しています。

React/Next.jsのソースコード

React/Next.jsのソースコードは下記になります。

import axios from "../axios";
import Head from 'next/head'
import Image from 'next/image'
import React, { useState, useEffect } from 'react'
import styles from '../styles/Home.module.css'
import { 
  CognitoIdentityClient,
  GetCredentialsForIdentityCommand,
  GetCredentialsForIdentityCommandInput,
  GetIdCommand,
  GetIdInput,
} from "@aws-sdk/client-cognito-identity";
import { HttpRequest } from '@aws-sdk/protocol-http';
import { Sha256 } from '@aws-crypto/sha256-universal';
import { SignatureV4 } from '@aws-sdk/signature-v4';

export default function Auth() {
  const [response, setResponse] = useState('');

  useEffect(() => {
    auth();
  });

  const auth = async (): Promise<void> => {
    const apiUrl = new URL('https://*****.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/api/authorizer/');

    const client = new CognitoIdentityClient({ region: 'ap-northeast-1' });

    // IDプールからidentityIdを取得する
    const idInput: GetIdInput = {
      IdentityPoolId: 'ap-northeast-1:*****',
    };
    const id = await client.send(new GetIdCommand(idInput));

    // identityIdを元に、クレデンシャル情報を取得する
    const credentialsForIdentityCommandInput: GetCredentialsForIdentityCommandInput = {
      IdentityId: id.IdentityId,
    };
    const credentialsForIdentity = await client.send(new GetCredentialsForIdentityCommand(credentialsForIdentityCommandInput));

    // 署名V4を作成する
    const signatureV4 = new SignatureV4({
      service: 'execute-api',
      region: 'ap-northeast-1',
      credentials: {
        accessKeyId: credentialsForIdentity.Credentials?.AccessKeyId!,
        secretAccessKey: credentialsForIdentity.Credentials?.SecretKey!,
        sessionToken: credentialsForIdentity.Credentials?.SessionToken!
      },
      sha256: Sha256,
    });

    // HTTPリクエストを作成する
    const httpRequest = new HttpRequest({
      headers: {
        host: apiUrl.hostname,
      },
      hostname: apiUrl.hostname,
      method: 'GET',
      path: apiUrl.pathname,
    });

    // 署名リクエストを作成する
    const signedRequest = await signatureV4.sign(httpRequest);

    // APIを実行する
    axios.get('https://*****.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/api/authorizer/', {
      headers: {
        authorization: signedRequest.headers.authorization,
        'x-amz-content-sha256': signedRequest.headers['x-amz-content-sha256'],
        'x-amz-date': signedRequest.headers['x-amz-date'],
        'x-amz-security-token': signedRequest.headers['x-amz-security-token'],
      }
    })
    .then((response) => {
      setResponse(JSON.stringify(response.data));
    })
    .catch((error) => {
      console.log(error)
    });
  };

  return (
    <div>
      { response }
    </div>
  )
}
いずみ

↑のコードを使えばIAM認証を突破できます。

色々ハマって1日かかりました…

よくある質問

署名バージョン4の公式ドキュメントはありますか?

下記になります。

まとめ

今回は、Reactで署名バージョン4を作成してIAM認証を突破する方法について解説しました。

以下が本記事のまとめになります。

まとめ
  • IDプールを使うことで一時的な権限を払い出せる。
  • AWSのライブラリを使えば署名処理は簡単。
まとめ♪
  • おすすめ本
¥2,673 (2023/07/24 11:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Reactの勉強なら「」が分かりやすくておすすめですよ♪

いずみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • クソおすすめ本
¥4,480 (2024/06/01 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
いずみ

海外のエンジニアがどういった思考で働いているかが理解できます。

海外に行く気はないけど海外エンジニアの動向が気になる雑魚エンジニアにおすすめです(本当におすすめな本しか紹介しないのでご安心を)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次